ROCKHURRAH紋章学 アルコール・ボトル アーティスト編

20200405_top.jpg
【ジョージ・ダイアーとお酒を楽しむフランシス・ベーコン】

SNAKEPIPE WROTE:

「これ、知ってる?」
ある時、知人よりもたらされたのは、「ロック酒」についての情報だった。
なんとスターリンがラベルになったお酒があるというのだ!
販売しているのは、ロックバンドが製造工程にまで関わり、バンド名を冠することが許された公認のお酒を輸入している都商会
「遠藤ミチロウオフィス公認スピリッツ」って書いてあるよ!
このお酒はアルコール度数96%、つまり「ほとんどアルコール」という世界最高の度数を誇る、ポーランドのウォッカなんだって。
スターリンだけにウォッカ、とは、なかなかやりますな。(笑)
それにしても、どうして「trash*」のジャケットをラベルに採用したんだろう?
「trash*」には「ワルシャワの幻想」入ってないのにね。
スターリンをイメージしたウォッカだったら、「STOP JAP」で使用されたロゴのほうが良かったような?
「ワルシャワの幻想」も収録されてるし、インパクトも強いように思うけど。
どちらにしても、ファンだったら欲しくなること間違いなしだよね!
河内屋でも買えるみたいだから、行ってみようか。
お値段は税込2,178円とのこと。
もちろん飲む時に聴くのは、この曲に決まりっ!(笑)

都商会では、他にもロック酒を扱ってるんだけど、ほとんどがハードロック系なんだよね。
気になったのはポーグスのウイスキー。
ポーグスは80年代に活躍した大所帯のバンド。
アイリッシュ・トラッドをパンク風に歌って、大人気だったんだよね。
実はSNAKEPIPE、ライブ行ってたわ。(笑)
ヴォーカルのシェインが、あまりの酒飲みのせいで首になったという逸話が残っているくらい、ポーグスといえば酒、とイメージされてしまうバンドだったよ。
そんなポーグスがウイスキーのラベルになってるなんて、気になるじゃない?(笑)

  • シェリーオーク樽で熟成させた10年物のシングルモルト・アイリッシュ・ウイスキー
  • バーボンオーク樽で熟成させた7年前のアイリッシュ・ウイスキー
  • バーボンで熟成させた4年前のアイリッシュ・グレイン・ウイスキー
  • これらをブレンドしていると海外のページに説明されているよ。 
    都商会にある文章と違うんだけど、手間をかけて美味しく作っていることに間違いはないね!
    「POGUES」とだけ書かれたボトルも美しいんだけど、アイリッシュ・ウイスキーだったら、クローバーのロゴを使用しても良かったのでは、と思ってしまうね。
    ROCKHURRAHがスコッチ・ウイスキーを好んでいるので、今度はポーグス・アイリッシュ・ウイスキーも飲んでみたいね!(笑)
    お値段は現在セール中で、税込3,500円。
    2本購入でTシャツも付いてくるらしいよ!

    世界にはどんなロック酒があるのかと探してみたけれど、ROCKHURRAH RECORDSらしいバンドが見当たらなかったため、「アーティスト」のラベルを検索してみた。
    まず最初に「DISARONNO」(ディサローノ)が発売した限定ボトルから見ていこうか。
    1525年からイタリアで作られているリキュールだというディサローノ。
    ちょっと待って、それって今から約500年前ってことだよね!
    さすがイタリア、歴史があるわ〜。(笑)
    遥か昔からイタリア人に愛されてきた「ディサローノ」が、イタリアのファッション・ブランドとコラボしたのが画像のボトルだって。
    左からベルサーチ、モスキーノ、エトロ、とブランドが一目で分かるデザインが使用されているね。
    デザインによって値段が違うけど、3,000円以内で購入可能みたい。
    リキュールって飲んだことがないので、おしゃれなパッケージで試してみようかな? (笑)

    もしかしてこれはバスキア?
    1800® Tequilaは、メキシコのテキーラ・ブランドであるホセ・クエルボ社が手がけているプレミアム・テキーラだそうで。
    上に書いた「ディサローノ」同様、毎年限定ボトルを発売していて、バスキアは第6弾目だったんだね。
    他にもキース・ヘリングなど、どちらかというとポップな印象のアーティストが多いみたい。
    オンライン・ショップで値段を確認すると$34、日本円で約3,700円くらいだね。
    テキーラって飲んだことがないので、一度試してみたいな!
    残念ながらオンライン・ショップでは日本への配送は行っていないようなので、限定ボトルを手に入れるのは難しいかもしれないね?

    ちょっとアルコール度数を下げてみようか。
    アーティストの作品からインスパイアされたワイン・ラベルを使っているんだね。
    左からジャクソン・ポロック、モンドリアン、ピカソ、ウォーホル、カンディンスキーだって。
    こんなオシャレなワイン・ボトルだったら、並べてコレクションしたくなるよね?
    デザインを手がけたのはドイツのLinkupDesignというデザイン事務所とのこと。
    商品化されているのかどうは不明なので、お値段までは調べられなかったよ。

    最後はこちら!
    アーティストをモチーフにしたラベルの使用を1924年にスタートさせているというChâteau Mouton Rothschild(シャトー・ムートン・ロスチャイルド)。 
    一番初めにラベルを手がけたジャン・カルリュは、シュールレアリスムと構成主義の影響を受けているように見受けられる素晴らしい作品を残している。
    そして1945年から毎年、アーティストの作品がラベルを飾っているという。
    名だたるアーティスト達の名前が出てきて、見ているだけでうっとりしちゃう。(笑)
    そんな中、SNAKEPIPEが是非ともコレクションしたいと思ったのは、ゲルハルト・リヒター(画像左)とフランシス・ベーコン(画像右)!
    どうやら日本でも扱っている店舗があるようでリヒターは約88,000円、 1990年物のベーコンは127,000円で購入可能だよ。
    2本合わせて215,000円!
    宝くじが当たったら絶対買おう。(笑) 

    SNAKEPIPE MUSEUM #54 Michelle Avery Konczyk

    【制作中の様子が分かる映像】

    SNAKEPIPE WROTE:

    数日前、就寝のため横になった時、SNAKEPIPEを襲ったのは猛烈な「めまい」だった。
    体が180度回転するような感覚に悲鳴を上げてしまう。
    SNAKEPIPEの身に一体何が起こったのか?
    靴紐を結ぶためや目薬をさすためなど、頭の位置を変えることで「めまい」が起こることが判明。
    早速耳鼻科に行き、検査してもらうことにする。
    視界を完全に塞ぐゴーグルをあてがわれ、椅子の背もたれが少しずつ倒されていく。
    「うぎゃあ〜!目が回る〜!気持ち悪い〜!」
    あまり耳鼻科で叫ぶ患者はいないのではないだろうか。 
    SNAKEPIPEは、ぎゃーぎゃーうるさかったけどね。(笑)
    そして診断結果は「良性発作性頭位めまい症」とのこと。
    簡単に言うと「耳石の移動」が原因らしい。
    デスクワークなどで体が一定の状態に固定され、首(頭部)を回す運動をしていないのが良くないんだとか。
    最近増えている病気とのことなので、皆様もお気を付けくだされ!
    処方された薬に加え、「エプリー法」という耳石を戻すための運動を並行して行うのが一般的な治療法なんだって。
    完全な治癒には少し時間がかかりそうだけど、SNAKEPIPEは頑張ります!(笑)
    そしてそんな病にも負けず、今週もブログを書いているよ!

    前置きが長くなったけれど、今週は「SNAKEPIPE MUSEUM」をお届けしよう。
    今回紹介するのは、自らを「Watercolorist」(水彩画家)と呼ぶ「Michelle Avery Konczyk」だよ!
    毎度ながら人名をカタカナ表記するのが難しいんだけどね。
    ミッシェル・エイブリィ・コンチックで良いのかな。
    コンチックという名前は東欧系なのかもしれないけれど、現在ミッシェルはペンシルベニア州ピッツバーグにお住まいのようだよ。
    どうやらミッシェルは独学で水彩画をマスターしたらしい。
    そのためなのか、アーティストにある「◯◯美術大学卒業」などの経歴が、検索しても出てこないんだよね。
    何年生まれで年齢はいくつなのか、なども不明な状態。
    唯一出ているのがトップに載せた制作中の動画だけなので、勘弁してね!
    それでは早速作品を観ていこうか。

    ミッシェルの作品は、シュールレアリスムということになるのかな。
    「暗闇のない光、醜さなしの美しさはあり得ない」
    この言葉を心に刻み、制作をしているというミッシェル。
    この作品のタイトルである「And They Drip Red」は、直訳すると「そして彼女たちは赤く滴る」。
    蓮の葉のように見える植物の上に、ゴロゴロと少女の首が転がっている。
    花のように咲くはずだったのに、両頬から血を流し、固く目を閉じている。
    よく観察すると、2人の少女が描かれているみたい。
    もしかしたら、金髪の少女はミッシェル自身かもしれないな。
    眠っているのか、それとも?
    中央に佇んでいる首なしの人物には手が3本あり、1人には多く、2人分には足りない数なんだよね。
    2人の少女に一体何があったんだろう。

    切り取られた少女の頭部。
    あらぬ方向を見つめている目には、生命の光が感じられないね。
    タイトルは「Asphyxiate」、訳すと「窒息」だって。
    口からはみ出しているのは、人間の指だよね?
    どんな心象を描いているのか想像するのが難しいよ。
    不気味だけど惹かれてしまう、ミッシェルの思惑通りかな。(笑)
    作品の縁取りがアール・ヌーヴォー風で、より一層不気味さを引き立てているように感じる。

    この作品もまたアール・ヌーヴォー風に縁取っているよね。
    「Until You’re Nothing」は2019年の作品だという。
    直訳すると「あなたがなくなるまで」だよ。
    正面に座り、こちらを挑戦的に見つめるのは、恐らくミッシェル本人だろうね。
    そしてその手に持つのもミッシェル自身の首。
    目から出ているのは一体何だろう。
    周りの植物にも目が付いているんだよね。
    タイトルをヒントにすると、ミッシェルと「あなた」との間に何か嫌なことがあって、消そうとしても消せない記憶として残っているわよ、という執念を描いているのではないかと想像する。
    いつまでも恨んでいるわ、あなたが消え去るまでね!
    という宣言をしているのかもしれないね。
    怖いなあ、ミッシェル。(笑)
    ちなみに「Until You’re Nothing」は$350、日本円で約4万円で購入可能だよ!

    「The Gatekeepers」は2019年の作品で、訳すと「門番たち」だね。
    どうやら心に深い闇を抱えているように見えるミッシェル。
    きっとタイトルにある「門」とは閉ざしている心、なんだろうね。
    まるでホラー映画のワンシーンのように見える、森の様子はとても好きだよ。
    この作品も購入可能で、$975、日本円で約10万5000円ほど。
    縁がユニークにカットされていて、雰囲気も良いので、SNAKEPIPE MUSEUMで購入してみようか。(笑)

    この写実的な作品を観てよ!
    これが水彩画とは驚いちゃうよね。
    2019年の作品、「Until Nothing」ってまたもや「なくなるまで」ってタイトルだけどさ。
    絵だけ観てると、そこまでネガティブな感情を引き起こさないように思うけど、どうだろう。
    女性にとって手というのは「年齢が出る部分」として認識されることも多いけどね。
    そうして観てみると、この手の持ち主は決して若くないかもしれない。
    ミッシェルの経歴が不明のため、この手がミッシェル本人かどうかも分からないんだよね。
    ただ、この絵からは「今後生きていくための決意」のような、前向きな姿勢を感じるSNAKEPIPEだよ!
    お値段は$1,000、日本円で約10万7000円だって。
    この絵は手元に置いて、じっくり観てみたいな!

    女流アーティストというのは、ネガティブな感情をエネルギーにして創作することが多いよね。
    フリーダ・カーロ、(結婚前の)松井冬子、塩田千春など、ブログで取り上げたことがある女性たちは、皆どこか闇を抱えて生きているように見える。
    今回特集したミッシェル・エイブリィ・コンチックにも同様の傾向が感じられて、ちょっと心配になってしまう。
    トップに載せた制作中のミッシェルが、にこやかにしているので安心したよ。
    更に年齢を経て、ミッシェルがどんな作品を描いていくのか。
    モチーフの変化にも注目だね!

    河口洋一郎 生命のインテリジェンス 鑑賞

    20200322_01.jpg
    【いつも通りgggの入り口を撮影】

    SNAKEPIPE WROTE:

    ギンザ・グラフィック・ギャラリー(通称:ggg)で3月19日まで開催されていた「河口洋一郎 生命のインテリジェンス THE INTELLIGENCE OF LIFE」を鑑賞した。 
    gggでの企画展は興味深いものが多いので、なるべく出かけることにしているROCKHURRAHとSNAKEPIPE。
    今回は会期終了間際に出かけることになってしまった。

    実をいうと、河口洋一郎というアーティストの名前を聞いたのは今回が初めてなんだよね。
    近くまで行くから、ちょっと寄ってみようかという軽い気持ちで出かけた展覧会。
    およそ3ヶ月おきに足を運んでいる会場なので、撮影可能なことは知っていたけれど、念の為受付にいた女性に声をかける。
    「あのー、撮影しても大丈夫ですか?」
    「あー、写真大丈夫ですよ、どうぞ撮ってくださいっ!」
    質問をしたSNAKEPIPEの後方から、男性が答えるじゃないの!
    とっさに振り返り、お礼を言ったSNAKEPIPEの目に飛び込んできたのは、画像の男性。
    えっ、まさか河口洋一郎氏ご本人?(笑)

    鑑賞しているフリをしながら、その男性に注目するSNAKEPIPEとROCKHURRAH。
    どうやら知人(?)と思われる女性と記念撮影をしたり、作品の説明をしているんだよね。
    ついそちらに目がいってしまう。
    「ゆっくり観ていってくださいね!近くの店でウチワもらえるから、それももらっていってね」
    とわざわざSNAKEPIPEに話しかけてくれるじゃないの。
    しかも女性との記念撮影はすべてピースサインを出し、ここは照明が暗いからこっちにしよう、などと撮影に指示を出すなどサービス精神旺盛!(笑) 

    軽い気持ちで寄っただけだったのに、アーティスト本人に遭遇するなんてラッキーだよね!
    本当は一緒に写真をお願いしたい気持ちはあったけれど、最初に書いたように初めて聞いたアーティストだからね。
    前から作品知ってて、大ファンなんです!だったら良かったんだけど。
    では河口洋一郎氏について、今から調べてみようか。 

    1952年 鹿児島県種子島に生まれ
    1976年 九州芸術工科大学画像設計学科を卒業
    1978年 東京教育大学大学院を修了
    1979年〜 SIGGRAPHに参加
    1982年  「グロースモデル(The GROWTH Model)」を発表しCG関係者から絶賛される
    1992年〜 筑波大学芸術学系の助教授を務める
    1995年 ベネチアビエンナーレ日本館代表
    1998年〜 東京大学大学院工学系研究科・工学部人工物工学センター教授を務める
    2000年〜 東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授を務める
    2010年 ACM Siggraph’10でディスティングイッシュト・アーティスト・アワード受賞
    2013年 芸術選奨文部科学大臣賞、春の紫綬褒章を受章
    2018年 フランスBNN Prix D’Honneur栄誉賞
    Siggraph Academy殿堂入りを果たす

    年表に書ききれないほどの国際的な賞を多数受賞されている、すごいお方だったんだよね!
    この年表だけ見ていたら、眉間にシワを寄せた堅苦しい人物を想像してしまいそうだけど、ご本人はいたって気さくで親しみやすい雰囲気だったから驚いちゃうね。

    コンピュータグラフィックによるアートの世界的先駆者、河口洋一郎。
    生物の形の発生・成長・進化をプログラミングし、数理的シミュレートをすることで、5億年後のはるか未来を生きる芸術生命体を創り続けてきました。
    半世紀にわたるこの取り組みは、永遠のように長い時間の中で、環境に適応し命を繋いできた生命へのリスペクトに溢れています。

    gggのHPより展覧会概要を転記させてもらったよ。
    プログラミングされた進化の過程をアートとして表現する、ってどういうことなんだろう?

    作品を鑑賞することにしようか。
    会場には、河口洋一郎氏ご本人とその知人女性、もう一人秘書(?)のような若い女性がいるだけだったので、ゆっくり鑑賞することができたよ。
    壁には恐らく色鉛筆で描かれた絵画が展示され、前に鎮座ましますのは???
    足部分はカニのようだけど、頭部はリボンみたいなんだよね。
    不思議な生物だけど、5億年後にはいるんだろうね、こういうの。
    現在のどんな生物がこの形に進化を遂げるのか、会場にいた河口洋一郎氏本人に質問すれば良かったか?

    海の生物をモチーフにした未来の生命体と思われる作品群。
    これはオウム貝かな?
    他にも「宇宙蟹」や「宇宙魚」が色鮮やかに表現されていた。
    ということは、これは「宇宙貝」だね。(笑)
    会場の壁にも生命体が描かれていて、とても気に入ったよ!
    あの壁紙売ってたら欲しいなあ。(笑) 

    地下では主にCGの映像作品が展示されていた。 
    恐らく最も初期の頃の作品がこれ。
    1975年にコンピューターってあったの?
    その時代は、河口洋一郎氏がまだ九州芸術工科大学に在学中のはず。
    大学にコンピューターがあったのかもしれないね?
    インベーダーゲームが1978年とのことなので、それよりも前ということになる。
    一番最初の作品から7年後に、国際的に評価を受けることになる作品を創作できるってすごいよね。

    評価を受けた作品である「Growth:Tendril 1981」。
    5億年前の古代生物であるハルキゲニアが動き回っているような、流動的で想像力を掻き立てられる映像作品だった。
    途方もない時間の流れだよね。
    大胆な色使いに目を奪われる。
    この作品を今から38年前の1982年に観たらびっくりするだろうね!

    「Growth:Tendril」をバックに、立体作品を撮影してみたよ。
    なめらかな曲線が非常に美しい作品は、他のカラフルな作品の中で特異に映り、SNAKEPIPEはとても気に入ってしまった。
    タイトルを撮影したはずなのに、完全にピンぼけで読めず、、、。
    残念ながら画像検索しても詳細不明だよ。
    シンプルなのに躍動感があるんだよね。
    これ、SNAKEPIPE MUSEUMのコレクションにしたいな。(笑)

    「人工生命都市」と題された作品。
    コンピュータによって生まれた人工生命が、自律的自己増殖を続けている様子だという。
    深宇宙の重金属をイメージしているという色合いは、インダストリアル好きには垂涎物!
    サイエンスとアートの融合というと、2019年12月に記事を書いた「未来と芸術展」が近いんだろうね。
    展覧会の最後に展示されていた「データモノリス」について、「観るというより流れを体感するアート」と感想を書いたSNAKEPIPE。
    河口洋一郎氏の映像作品にも同様の感想を言いたいね!(笑)

    立体作品が展覧会入り口付近に展示されていた。
    不気味でかわいい雰囲気の3体。
    一番奥は、まるでウルトラシリーズに登場したカネゴン! 
    真ん中はケロヨン?もしくはケロちゃんか?
    一番手前はタコなのか?
    河口洋一郎氏には、ポップなタイプの作品もあるんだね。

    会場を出て、隣の建物に向かう。
    gggには何度も足を運んでいるのに、この場所は初めて!
    メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド、通称MMMというらしい。 
    世界のミュージアム・グッズを扱っているショップなんだね。
    ショップは3フロアあり、3階で河口洋一郎氏関連商品の展示がされていた。
    レジの方に声をかけると、快くウチワを手渡してくれたよ!
    今年の夏は、このウチワ使って涼むことにしよう。
    河口洋一郎氏とのご対面や、作品を思い出しながらね!(笑)

    ビザール・ツール選手権!38回戦

    【画期的なエビの殻剥き器具は$6.4だよ!】

    SNAKEPIPE WROTE:

    先週の記事「ビザール・ツール選手権!37回戦」が好評だったので、今回はその続きとして「ビザール・ツール」の第2弾をお届けしよう!
    前回同様、アメリカのamazonで購入できる商品限定だよ。
    画像を見て、一体何に使用する物なのか、想像してみてね。(笑)
    それでは早速いってみよう!

    まるで拷問器具のように見えるこれは何?
    2017年8月に「ビザール・ゴシック選手権!26回戦」を書き、amazonで購入できるゴシック系グッズを紹介したSNAKEPIPE。
    中世のヨーロッパで秘密結社が使用していた器具のレプリカ、なんて触れ込みがあったら信じてしまうけどね?
    正解は「Meat Tenderizer」で、お肉を柔らかくするためのツールだって。 
    お値段は$12.99、日本円で約1,400円ほど。
    実際に調理器具として使用しなくても、このパンクっぽい形状に一目惚れしてしまったので、コレクションに加えたくなるよ。(笑)
    日本への配送は不可だって。残念! 

    これも何に使うための物なのか、想像できないよ。
    櫛にしては歯の部分が長いし、先が尖り過ぎてるし。
    何かを刺すことには間違いなさそうだけど、まさかこれも痛そうなタイプの器具なのか?(笑)
    正解は「Onion Holder」だって。
    この器具で玉ねぎをプスッと刺して固定し、等間隔にスライスする、というもの。
    転がる食材だったり、一定の幅に切りたい料理に最適かも!
    お値段は$7.95、日本円で850円くらいとお手頃。
    「手に玉ねぎのにおいが残らない」や「指を切ることがなくなった」など、評価も高くて便利な調理器具だと絶賛されているよ。 
    等間隔に食材を切るのは難しいので、日本に配送してもらおうかな。(笑) 

    なんだかこれも怪しい器具だよね?
    その道の方御用達のグッズなのかしらん、などと想像してしまうよ。(笑)
    それくらいしか想像できなかったSNAKEPIPEだけど、正解が分かった人はいるかな?
    これは「Egg Topper Shell Cracker」で、簡単に言えば卵の殻割り器具なんだよね。
    画像の一番下の部分を卵にかぶせて、真ん中にある玉の重力によって、キレイに卵の殻をカットできるらしい。
    例えば「ゆで玉子」の殻をキレイにカットしてホルダーに乗せるとか、 たまごの殻を器にしたプリンを作るとか、そういう時に使用するみたいだね。
    お値段は$8.99、日本円で970円ほど。
    キレイに玉子を割るとスッキリしそうなので、これも購入決定だね!
    細長いので、置き場には困りそうだけど。 (笑)

    これも見ただけでは使用法が分からないなあ。
    プロペラ状になっているようなので、竹とんぼみたいに飛ばして遊ぶ玩具?
    それとも風向きを測るための装置とか?
    正解は「Dough Cutter」で、餃子の皮などを円形にカットするための器具なんだよね。
    以前餃子の皮を作ろうとした時に、キレイに円形にするのは大変だった記憶が甦ってきたよ。
    この器具があれば、自宅で簡単に餃子作りができるよね!(笑)
    amazonに商品は載っているのに、お値段設定がされていないようなので、現在は入手困難なのかも。
    いつの日か手に入れたいよね!

    最後はこちら!
    箱に「Lucky Iron Fish(幸せな鉄魚くん)」って書いてあるんだよね。
    ちょっと笑った顔をしたお魚は、何に使う物なんだろう。
    たい焼きにするなら、くぼんでいるはずなので、クッキーの型とか?
    背びれや尾ひれ、もしくは口など部位を変えることで圧をかけるマッサージ器具?
    正解は、鉄分補給用のキッチン用品なんだよね。 
    レモンや酢など酸性の物と一緒に入れて水を10分煮立たせたり、煮物の鍋に直接鉄魚くんを入れる、などの使用法が書かれているよ。
    SNAKEPIPEも貧血気味で、鉄剤を処方されて飲んでいたので、鉄分補給は必要なんだよね。
    鉄剤は飲み続けると副作用があると言われているので、鉄魚くん良いかも!(笑)
    5年間使用可能でお値段は$30、 日本円で約3,200円。
    なんと鉄魚くんが、今回紹介した商品の中で一番高額だったとは!
    本気で購入を考えてしまうよ!

    今回は「見ただけでは使用法が不明のキッチンツール」を特集してみたよ!
    クイズにしたかったので、あえて最初に「キッチンツール」と書かなかったんだよね。
    画像だけで使用法が分かったあなた!素晴らしい!(笑)