大竹伸朗展 鑑賞 #1

20221204 top
【大竹伸朗展の看板と宇和島駅ネオンサインのコラボ】

SNAKEPIPE WROTE:

ROCKHURRAH RECORDSでは、面白そうな番組をROCKHURRAHがピックアップし、録画予約してくれる。
SNAKEPIPEは録画された番組を観るまで、一体何がセレクトされたのかを知らない。
今から約半年前、2022年6月のある夕食時、録画一覧からROCKHURRAHが選んだのが、NHKBSで放映された「21世紀のBUG男 画家・大竹伸朗」だった。
大竹伸朗って名前だけは以前から知っているけれど、作品については覚えがないかも。
東京都現代美術館のミュージアム・ショップにもグッズが置いてあるのは横目で見ていたけれど。

番組を観ていると、大竹伸朗について語る人物の中に藤原新也が登場する。
そして番組タイトルになっている「BUG男」、と発言していたよ。
命名者は藤原新也だったんだね!
大竹伸朗の作品を80年代から観ていたらしい。

そして大竹伸朗本人がインタビューに答えるシーンに、ROCKHURRAHと共に目が釘付けになる。
とてもアーティストには思えないような喋り方!
話し方も話す内容も面白くて、一瞬でファンになってしまった。(笑)
そして話しながら、作品制作を続ける。
何も考えず、無作為で投げやりに見えてしまうような制作状況が映し出される。
一体どんなアート作品を作っているのか、非常に気になった。
いつか大竹伸朗展、観てみたいなと思っていた矢先、展覧会情報が入る。
それは2022年7月に鑑賞した「ゲルハルト・リヒター展」で手にしたチラシだった。
11月1日から大竹伸朗展と知り、狂喜するROCKHURRAHとSNAKEPIPE!
NHKBSの番組中制作していた作品がチラシに使用されているよ。
リヒターの次に大竹伸朗を企画するとは、東京国立近代美術館もやるねえ!(笑)

ここで簡単に大竹伸朗の略歴を調べておこう。

1955 東京都目黒区に生まれる
1974 武蔵野美術大学造形学部油絵学科入学。
入学後すぐに休学し、北海道の牧場で働く
1975 東京に戻り復学する
1977 大学を休学し、ロンドンに滞在する。
ラッセル・ミルズ、デヴィッド・ホックニーと親交する
1978 帰国し、復学する。
音楽活動を始める。
1980 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。
再びロンドンに滞在し、デヴィッド・ホックニーのスタジオに通う。
ノイズ・ユニット「JUKE/19.」結成。
1981 「JUKE/19.」としてシングル1枚、アルバム2枚を発表。
1982 東京ギャルリーワタリにて初個展開催
1983 ニューヨーク、香港、ロンドン、ナイロビなどに滞在
1988 妻の実家が所有している、愛媛県宇和島市にある倉庫をアトリエとして使う
1989 前年に開催された個展「キャンヴァシズム 夢と細胞」のカタログが、ニューヨークのADC第3回国際展で優秀賞を受賞

「21世紀のBUG男」の番組内で、大竹伸朗自身が生い立ちから現在に至るまでの思い出話を語っていたので、番組を観た人は分かる略歴だよね。
東京藝術大学に入りたかったのに不合格となり、不本意ながらムサビに入学。
休学して北海道やロンドンに行く話も番組内で聞いている。
1977年にロンドンにいたということは、パンクの始まりを目撃していたかもしれないんだよね!
これはとても羨ましい。(笑)
そして奥様と結婚した時の話にも大笑いしてしまった。
小銭しか持ってない男って、まるでベルベット・アンダー・グラウンドの「I’m Waiting for the Man」に出てくる歌詞みたいだよね。

大竹伸朗展は11月1日から始まっていたけれど、混雑を警戒し、少し時期をズラして鑑賞することにする。
そして1ヶ月経った風の冷たい日、リヒター展以来約5ヶ月ぶりに竹橋に向かったのである。
予想通り、恐らく大竹伸朗展は一段落ついたようで、お客さんはそこまで多くない。
一人で鑑賞している人が半数近くいたので、話し声が気になったり、人の頭で作品が観辛いこともなくスムーズだったのは良かったよ!

今回の展覧会は東京で開催される個展としては16年ぶりとのこと。
そのため展示されている作品数は500点だという。
大竹伸朗の個展はもちろん、作品に触れるのも初めてのROCKHURRAH RECORDS。
今回の展覧会についての感想を一度のブログにまとめるのは難しいと判断したので、複数回に分けていこうと思う。
まずは一回目、会場入ってすぐのエリアから順に紹介していこう。

「いらっしゃい」とばかりに出迎えてくれたのは、立体作品「男」だった。
この時には何者なのか分からなかったけれど、どうやらボブ・ディランがモデルみたいだね。
作成されたのは1975年というので、大竹伸朗が20歳の時。
当時はボブ・ディランを聴いていたのかもしれないね?
一番右に配置されているのが、奥様を描いた作品。
今の俺があるのはミチコのおかげ、って言ってたっけ。

フランケンシュタインにROCKHURRAHが反応する。
大のホラー好きだからね!(笑)
初期の作品かと思いきや、図録で確認すると2000年の制作だという。
上段左から2番目は「静物、マティスにならって」というパロディ物!
次週以降に紹介する予定の作品にも、パロディが多く含まれているんだよね。
大竹伸朗が様々な先人達の作品に触れていた形跡が確認できるよ。

「紅茶を運ぶ黄色い天使」と題された1982年の作品。
ヒョウ柄のファーがキャンバスに貼り付けられているところに、白髪一雄の影響を感じたのはSNAKEPIPEだけかな?
そしてそのファーに温泉マークのような湯気が、まるでいたずらのように書かれている。
これが紅茶なんだろうね?(笑)
赤、青、黄色という原色を使用した、不思議な作品。

年表にあった、ムサビを休学して北海道やロンドンに向かった時のスナップ写真が展示されていた。
何気なく撮影されたんだろうけど、やっぱりさすがなんだよね。(笑)
ガラスケースに平置きされていたので、じっくり鑑賞できなかったのが残念だったけれど、図録に載っていて良かったよ。
アーティストは、どんな手段であっても表現できるんだなと改めて感じる。

「残景 14」は、2020年の作品。
今から2年前というと、最近制作されたんだね。
平らだったキャンバスに、今となっては何が貼り付けられているのか不明なほど、厚みがある。
古くて錆びた機械のようにも見える。
SNAKEPIPEは、この色合いが大好き!
意味とか解釈を抜きにして、飾っておきたくなる作品だよ。

今回紹介している作品の中で、SNAKEPIPEが一番気に入ったのはこれ。
幅386mmという大型作品である「サンティアーゴ」は1986年の制作だという。
細かく描きこまれているので、じっくり鑑賞していると様々なモチーフに気付くんだよね。
この画像では分かり辛いけれど、左下方に「DADA」の文字があったり、中央下方にある枠組みだけでできた立方体はゲルハルト・リヒターの作品に似ていたり。
観れば観るほど、新しい発見があって嬉しくなったよ!(笑)

「ナイロビ II」はキャンバスを分割した構成になっている。
1984年の制作だというので、1983年にナイロビを旅した後に描かれていることが分かるよ。
青い扉部分は木材を使用し、立体的に作られていて、多様な素材を貼り付けていくスタイルの原型のように感じられた。
色合いの美しさと構図の面白さが際立った作品だね!

大量の釘が刺さった作品を最初に観た時、強いインパクトを感じたSNAKEPIPE。
巡礼だったり犠牲だったりというような、宗教的な意味か、もしくは強制的に連行された過去を嘆く心を表現しているのかと想像する。
ただ大竹伸朗の、ここまで観てきた作品とは違い、メッセージ性の強さがあるんだよね。
タイトルの「Nail Fetish」を検索すると「Nkondi(ンコンディ)」という言葉が出てくる。
どうやらコンゴ族によって作られた、釘がたくさん刺さった小像のことだという。
村や他の場所を魔女や悪者から守ったりするために使用されたらしい。
元になっているコンゴ族のンコンディ、画像で観ただけでも迫力あるよ。
恐らくその像にインスパイアされた作品なんだろうね。

大竹伸朗展のブログ、第一回目の最後は、2012年の「モンシェリー/自画像としてのスクラップ小屋」。
スクラップというだけあって、小屋の中は雑多な物で溢れていた。
何か音が鳴っていたようだったよ。
「モンシェリー」という看板が掲げられている小屋であれば、壁に何が貼られていても、小屋の内部に何が置かれていても良い仕様なんだろうね。
昭和な雰囲気を感じた作品だったよ!

大竹伸朗展は、すべての作品の撮影オッケー!
SNAKEPIPEもROCKHURRAHも撮りまくり、帰りにはスマートフォンの電池残量が危なくなるほどだったよ。(笑)
次週の続きをお楽しみに!

高木由利子 カオスコスモス 壱 氷結過程 鑑賞

20221127 top
【ジャイル・ギャラリーの入り口を撮影】

SNAKEPIPE WROTE:

表参道のジャイル・ギャラリーで開催されている「高木由利子写真展 カオスコスモス 壱 氷結過程」が非常に気になったSNAKEPIPE。
友人Mを誘って行ってみることにする。

高木由利子ってどこかで聞いたことあるような?
自宅にある写真集などをひっくり返してみると、1990年6月に発行された「NHK趣味百科 近未来写真術」に名前があるじゃないの!
この雑誌については2021年11月に鑑賞した「M式『海の幸』ー森村泰昌 ワタシガタリの神話」の中でも書いていたっけ。
この時掲載された高木由利子の作品は「ラフたち」という外国人をモデルにしたファッション・フォトのような作り込み写真だよ。
高木由利子とは、どんな人物なのか調べてみよう。

1951 東京生まれ
1969 武蔵野美術大学商業デザイン科に入学
1972 ポルトガルに渡る
1973 イギリスのTrent Polytechnicにてファッションデザインを学ぶ
1976 フリーランスのファッションデザイナーとして、8年間ロンドン、パリを中心に、モロッコ、イタリアなどを飛び回る。
モロッコにて写真に興味をもちはじめる
1985 現代アーティスト、クリストの作品Surrounding Island(Miami)などの撮影に参加。
ロンドン、パリ、インドネシア、東京にて、アーティストである友人や親しい人々のヌードを、彼らの生活空間で撮影しはじめる。
1990 オリエンタリズムのプロジェクトで東京をはじめとしてバルセロナ、イスタンブール、ロンドン、パリへの撮影旅行をする
1993-1996 ケニア、タイ、トルコ、インド撮影旅行
1996 三宅一生のプリーツ100着をインドに持ち込み2ヶ月間に渡り撮影する
1997-1999 三宅一生のプリーツ100着をKENYA、中国、モロッコに持ち込み撮影旅行をする。

ヨーガン・レールのテキスタイルを、日本、インドネシアで1年間かけて撮りおろし、作品集「ころも」が出版される。
1998-2006 「混乱する引力」ヌードのプロジェクトを、インドネシア、ハワイ島、南米、南アフリカ、日本、中国、インドで行う。

1951年生まれということは、今年71歳!
ムサビ入学後にロンドンでデザインを勉強し、デザイナーとして海外で活動していたとは驚き!
ファッションと写真が結びついた作品を作っているのは納得だよね。
SNAKEPIPEが所持している雑誌に載っているのもヌードなので、ジャイル・ギャラリーで展示されている作品とは雰囲気が全然違うよ。

では今回の展覧会をまとめてみよう。
ジャイル・ギャラリーは撮影オッケーなので嬉しいね!
撮影した写真と共に感想を書いていこうか。

「始まり」と題された作品からスタート。
高木由利子本人の文章が載っているんだけど、どうやら寒冷地で氷を作ったらしい。
「始まり」は四角い箱のような氷の中に、凍った葉(のように見える)が入っている作品。
凍っていても、葉は生きているんだろうね。
これこそ生命力!
だから始まりなのか!(陳腐)

「地上絵」と第された横幅420cmの大型作品。
年表の中に現代アーティスト、クリストの名前があったよね?
クリストの作品は、島をまるごとラッピングするような環境アートなので、俯瞰で撮影された画像で作品を知ることになる。
地上絵も同様に、遥か上空からでないと作品の全貌を知ることが出来ない点が共通してるよね。
「地上絵」のお値段、500万円だって!
オシャレなビルに飾ってあったら、より高級感が増しそう。

次の会場に入った瞬間、友人Mと同時に声がでる。
「カッコいいーーー!」
「標本箱」と第された作品群が並んでいる。
写真なのにアブストラクト、しかもモノクロームというのが斬新で。
氷の形状に加え、氷に当たる光の反射が漆黒に近い黒色に映える。
額縁もオシャレで、「標本箱」シリーズ全体をSNAKEPIPE MUSEUMに保管したくなるね。

「標本箱」全体を写したところ。
壁一面に横幅150cmの大型写真が展示され、下には高さがマチマチの立方体の上に幅38cmの小型写真が配置されている。
なんともいえない重厚さ!
大型2枚と小型3枚だとバランス良いかも。
このセットだと約200万円!(笑)
額縁も素敵だったので、全部合わせて欲しくなったよ!

「脳内過程」というタイトルのリトグラフ作品もあった。
恐らく同一図版を使用した作品に見えたけど、黒色の濃淡で印象が全く違って面白かった。
こうして並べて見せるのが良いんだろうね。
写真製版を外国人から提案された、といった文章が展示されていたよ。
高木由利子は国際派だから、様々な国の人と交流があるんだろうね。

アクリルで作られているような月に見える球体。
この素材を使って写真撮影していたんだろうね。
横から見ると、球体だと思っていた形が平面に見えてくる。
不思議な造形だよね!
先日の皆既月食に限らず、月を見上げるのが好きなSNAKEPIPEにとっては、この立体は垂涎物!
これが部屋にあったら、ずっと眺めているだろうなあ。(笑)

「すごく良かったね」と感想を言いながら、ギャラリーをあとにする。
MOMAショップをうろついて、面白い箸置きを興奮気味に買ってからエスカレーターに向かう。
吹き抜け部分に高木由利子の作品が吊るされていた。
上を見上げるように撮影。
だってほら、月は見上げるものでしょ?(笑)

観念的で難解な解説を好むジャイル・ギャラリーだけど、好みの展示が多いんだよね。
マメにチェックして、また出かけよう!

映画の殿 第53号 韓国ドラマ編 part9

20221120 top
【今回は人の顔が大きめなので、どのドラマの出演者か分かりやすいね】

SNAKEPIPE WROTE:

約1ヶ月半前に「映画の殿 第52号 韓国ドラマ編 part8」を書いたばかりなのに、すでに何本かのドラマを鑑賞し終えているROCKHURRAH RECORDS。
その理由は、話数が少ないドラマが多かったことかな。
早速感想をまとめていこうか。

最初は「私の開放日誌(原題:나의 해방일지 2022年)」から。
ドラマは『マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜』と同じ脚本家のパク・ヘヨンが手掛けていると聞き、興味がわくよね!
一体どんなストーリーなのか、あらすじを書いてみよう。

愛が欲しい長女のギジョン、なかなか思うように動けない長男のチャンヒ、日々を淡々と過ごす無口な末っ子のミジョン。
全く違う性格の三兄妹は、単調な毎日にうんざりしていた。
そんな時、クという謎の男が現れて…。(イエモネより)

続いてトレイラーね。

ソウルまでの通勤に1時間半以上かかる郊外に暮らす三兄妹。
休日には家の畑の手伝いもする。
長い通勤時間にうんざりし、自分の思い通りにならない日々が続いたら、誰でも嫌になってくるよね。
社内で仲間外れにされたり、イジメもあるのに耐えている末っ子のミジョン。
無口で鈍感なフリをしているけれど、実は腸が煮えくり返っているとは誰も気付かない。
このドラマを観てから、SNAKEPIPEの社内にもミジョンのような女性がいることを思い出したよ。
もしかしたらストレスたまりまくっているのに、我慢してるのかもしれないね。
謎の男、クさんに対してだけは、本心を話すことができるので、最初から波長が合ってたのかもね。

SNAKEPIPEが面白いと思ったのは長女を演じたイ・エル。
嫌味ばかり言う「ひがみっぽい」性格だったのに、どんどん素敵に変貌していくんだよね。
この女優は「トッケビ」など、他のドラマでもよく見かけるけど、その時によって別人に見えるからカメレオン系なんだろうね。
注目していきたい女優の一人だね!
「開放クラブ」に入る中年男性が、「マイ・ディア・ミスター」に出てきたフゲの社長だったのが嬉しかった。
やっぱり脚本家でつながるんだね。(笑)

ドラマの終盤は少しだけ駆け足で、やや説明的になっていたのが残念な感じ。
クさんは謎のままでも良かったのでは?と思うのはSNAKEPIPEだけかな?
「今日はきっといい日になる」という標識は良かったね。
この言葉を思い出して日々を生きていこう!

「空から降る一億の星(原題:하늘에서 내리는 일억개의 별 2018年)」は長年来の友人Mから強くオススメされていたドラマなんだよね。
このドラマは今から20年前の2002年に、木村拓哉主演で放映されたドラマのリメイクだったとは全く知らずに観始めたよ。
日本のドラマってほとんど観ないからね。(笑)
本家とどこが違うのかなどは分からないので、比較できずにごめんなさい。
ではあらすじとトレイラーね!

広告デザイン会社で働くユ・ジンガンは、20歳離れた警察官の兄・ジングクと2人で暮らす29歳の独身女性。
ある日、陶芸家の親友・ペク・スンアが開く個展会場を訪れたジンガンは、怪物と呼ばれた男・キム・ムヨンと偶然出会う。
だが、会場で行われるパーティーの準備中にスンアの秘密を知ったムヨンは、その秘密を隠したいと願うスンアの望みを叶え、2人の距離は急接近していく。
一方、ジングクは、同僚が捜査する事件現場に偶然出くわすが、飛び降り自殺だと思われたその事件は、実は他殺だった。
独自で捜査を始めるジングクだったが、その事件の真実に近づくにつれ事件は思わぬ方向に進んでいく…(ホームドラマチャンネルより)

主役であるキム・ムヨンを演じたのは「元カレは天才詐欺師」で詐欺師だったソ・イングク。
顔立ちのせいか、暗い過去がある設定が良く似合っている。
ヒロインの兄ジングクを演じたのが、「ルーガル」で悪役だったパク・ソンウンだったので、優しい兄という設定に違和感があったよ。
「この人は悪人なのに」と思いながら観てしまったからね。(笑)

サスペンスを主軸にラブ・ストーリーが交錯するドラマだった。
最後はまさかの結末!
これ、本家の日本版も同じだったのかしら?
もし同じだったとしたら、変えても良かったんじゃないかと思ってしまう。
ちょっと後味が悪いラストだったからね。

続いては「グリッチ -青い閃光の記憶(原題:글리치 2022年)」を紹介しよう。
ドラマを観始めてから「あれ?」とSNAKEPIPEが気付く。
髪型が違っているけれど、主演女優は「ヴィンツェンツォ」で弁護士を演じていたチョン・ヨビンだよね?
あまりに化粧っ気なく、髪はボサボサ、服装にも気遣わないという役どころなので、別人かと思ってしまったよ。
相方には元アイドルグループ出身で、「世界で一番美しい顔」に選ばれたというナナ。
「対称的な2人がタッグを組む」というギャップを見せたかったのかもね?

突然姿を消した恋人を探すため「UFOマイナー掲示板」のオフ会に行った主人公が、旧友と再会、協力して恋人失踪の謎を追ううちに、怪しい宗教団体の真実に迫ることになる。
そこでは恐ろしい計画が進行中で……(むらたえりか氏記事より)

あらすじにあるように「UFO」と宗教団体、恋人の失踪と気になるワードが並んでいるんだよね。
このドラマは全10話と少し短めで、一体どこに着地するんだろうと思いながら鑑賞していたよ。
「セーラー」と天を仰ぐ宗教団体が出てきたあたりが面白かった!(笑)
興味をそそる要素はたくさん散りばめられているのに、振り返ってみると説明不足のためか物足りなさを感じてしまう。
ちょっと惜しいドラマだったなあ。(笑)

最後は「人間レッスン(原題:인간수업 2020年)」ね。
梨泰院クラス」や「SKYキャッスル〜上級階級の妻たち〜」に出演していたキム・ドンヒが主演を務める。
学年トップの成績を収める優等生だけど、友達がいないという設定が良く似合っていたよ。
画像一番右に写っているチョン・ダビンは、上に書いた「グリッチ」にも出演しているんだよね。
たまたま続けて観たから分かったけれど、まるで別人なんだよ!
「グリッチ」と「人間レッスン」は制作が同じだからなのかな?(笑)

学校では目立たない優等生のジス。
しかしそんな彼には売春の警護を仲介するという違法行為を行う裏の顔が。
そんな違法行為を専用のスマホで行っていたジスだったが、ある日そのスマホを何者かに奪われてしまい・・・(賢い韓ドラ生活より)

頭が良いから、自分の姿は見せずに商売ができるようなシステムを立ち上げたんだろうね。
SNAKEPIPEは商売の成り立ちに興味があったんだけど、ドラマではすでに運用が開始されているところだったね。
お金を貯めるためとはいえ、犯罪であることに間違いはない。
それでも観ているうちにジスの味方になってしまうんだよね。
ジスの父親を演じた「マイ・ディア・ミスター」のアニキのダメっぷりが最高!
あの手の役を演じたら右に出る人はいないかも。(笑)

商売の相方であるイ室長の存在感が抜群だったね。
軍隊の体験を忘れずにいるオヤジといえば、「バッド・アス」のダニー・トレホみたいじゃない?
いいよねえ、こういうタイプ!(笑)
演じたチェ・ミンス、現在60歳。
「リベラ・メ」という2000年の映画で百想芸術大賞の最優秀男子演技賞を受賞している実力派なんだね。
その映画も気になるよ。

「人間レッスン」は高校生が援助交際する、という題材なだけに最初からちょっと危ないんだよね。
そんな危ない橋を渡っているのにもかかわらず、主人公ジスの小心者ぶりに呆れてしまう。
細かいミスも多いので「やるなら徹底的にやって、できないならやめろ」と言いたくなってしまったよ。(笑)
そんな性格のジスだから、ラストの展開は予想通りかな。
「DEATH NOTE」の夜神月(やがみ ライト)とは違うからね。(笑)

今回は4本のドラマを紹介してみたよ!
「私の開放日誌」が印象に残っていて、4本の中では一番だけど、「あがめる」ってなかなか使わないし、人に命令できないよねえ?
そのセリフには共感できないんだなあ。(笑)
現在また別のドラマを視聴中なので、近い将来まとめていこう!

パラレル・マザーズ鑑賞

20221113 top
【ヒューマントラストシネマ有楽町内の看板を撮影】

SNAKEPIPE WROTE: 

スペインの巨匠、ペドロ・アルモドバル監督の新作が始まっていることを知らせてくれたのはROCKHURRAHだった。
タイトルは「パラレル・マザーズ(原題:Madres paralelas 2021年)。
主演はペネロペ・クルスだというから期待しちゃうよね!
早速チケット予約をして、有楽町に向かったのである。

朝と日中の気温差が10℃くらいあると服装選びに困るよね。
「備えあれば憂いなし」として、少し厚着したROCKHURRAHは、途中で服を脱いでしまった。
日差しの下では暑いくらいで、11月中旬とは思えない小春日和だったよ。
選んだ映画館は有楽町駅から徒歩1分のところにあるヒューマントラストシネマ有楽町なので、道に迷うこともなく、あっさり到着。
あまり混んでいない予想をしていたのにもかかわらず、着席すると7割近く埋まっていたのには驚いた。
小さめの劇場だったので、ちょっと息苦しい感じになったよ。
客層としては年齢層はどちらかというと高めで、一人で来ている人が多かった印象だね。

まずはトレイラーを載せてみよう。

 

続いてあらすじね。

フォトグラファーのジャニスと17歳のアナは、出産を控えて入院した病院で出会う。
共に予想外の妊娠で、シングルマザーになることを決意していた二人は、同じ日に女の子を出産し、再会を誓い合って退院する。
だが、ジャニスはセシリアと名付けた娘と対面した元恋人から、「自分の子供とは思えない」と告げられる。
そして、ジャニスが踏み切ったDNAテストによって、セシリアが実の子ではないことが判明する。
アナの娘と取り違えられたのではないかと疑ったジャニスだったが、激しい葛藤の末、この秘密を封印し、アナとの連絡を絶つことを選ぶ。
それから1年後、アナと偶然に再会したジャニスは、アナの娘が亡くなったことを知らされる──。(公式サイトより)

アルモドバル監督作品に多数出演しているペネロペだけど、主演するのは「ボルベール〈帰郷〉」以来になるのかな?
ペネロペは今年48歳なので、映画の中で17歳の子と一緒に妊娠しているシーンは、ちょっとだけ無理がある設定だったかもしれない。
そうはいってもペネロペの美貌とスタイルの良さは健在で、おしゃれなファッションも似合っていたよ。
さすがにアルモドバルのミューズだね!
ジャニスという役名についての説明が面白かったよ。
ネタバレになるから書かないけれど、「ボルベール」にも似た話が出てきているので、アルモドバルが好きなんだろうね。(笑)

あらすじに出てきた17歳のアナを演じたのは、長編映画2作目だという新人のミレナ・スミット。
映画の途中でバッサリ髪を切り、イメチェンしていたよ。
とてもかわいいヘアスタイルで、よく似合っていたね。
モデルもこなしているようで、ジャージ姿もカッコ良いよね!

ペネロペ演じるジャニスの親友として登場したのがロッシ・デ・パルマだったので、嬉しくなってしまう。
80年代後半から90年代のアルモドバル作品に登場した、常連女優だからね!
「ジュリエッタ」にも出ていたようだけど、すっかり忘れているね。(笑)
かつては「ピカソの顔」と書いていたロッシだったけれど、太ったせいか顔の「いびつさ」が目立たなくなっていたよ。
フエリタ・セリーノもお婆ちゃん役で登場していたね。
アルモドバルの全盛期を支えた女優陣の登場は、安心感を与えてくれるよ。

新生児を取り違うといえば、是枝裕和監督の「そして父になる(2013年)」を思い出す。
ROCKHURRAH RECORDSでは未視聴なので、なんとも言えないけれど、カンヌ映画祭審査員賞を受賞している作品なので、アルモドバルも知っていたはずだよね?
是枝監督と似た題材を選び、アルモドバルの味付けになっていたかといえば、そこまで強い個性は感じられなかったのが残念だった。
アルモドバルらしい突飛さやギャグもなく、淡々とメロドラマが進行していったからね。

アルモドバルらしいといえば、女優たちのファッションだったり、室内装飾のカラフルさはおしゃれだった。
ペイン・アンド・グローリー」の感想にも書いているように、アルモドバル作品は視聴コンプリートを目指しているので、次回作も必ず観る予定だよ。
次はアルモドバル色を強めの、奇抜な映画に期待したいね!