ふたりのイエスタデイ chapter17 /Sigue Sigue Sputnik&RUN DMC

20200202 top
【一世を風靡したレコード】

SNAKEPIPE WROTE:

ROCKHURRAH RECORDSでは、何かしらの作業をする時にラジオを聴くことが多い。
何かしらの作業とは、皿洗いや掃除などの家事や、趣味のミシンを踏んだりする時のことだ。
見た目とは違って、意外とマメに色々やってるんだよね。(笑)
そんな時、重宝しているのがインターネットラジオである。
iTunesのインターネット・ラジオでお気に入りだった、80’sニューウェーブやパンク専門チャンネルが次々とサービスを停止してしまったのは、非常に残念。
インターネット・ラジオの仕組みがよく分からないんだけど、個人が独自にサービスとして提供しているものなのかな。
コマーシャルが途中で入る番組の場合は、広告収入を得ていることが分かるけど、曲だけをかけているチャンネルもあるからね。
今回サービスを停止したのは、広告収入を得ていないだろうと思われる種類のチャンネルだったから、仕方ないのかもしれない。
少しでも好みの曲がかかるチャンネルを探して聴いている今日このごろである。

先日もまたインターネットラジオを聴いていると、非常に懐かしい曲が流れてきた。
ジグ・ジグ・スパトニックの「Love Missile F1-11」である。

このビデオが1986年のものらしいけど、当時の近未来像がよく分かるよね。
ブレードランナー(原題:Blade Runner 1982年)」の世界観と「マッドマックス(原題:Mad Max 1979年)」のイメージを合体させたみたいだもんね。(笑)
改めて鑑賞すると、ジグ・ジグ・スパトニックのメンバーは、まるでフィギュア人形みたいな出で立ち。
「Love Missile F1-11」はループするリズムに、ほんの何フレーズかのセリフが入るシンプルな曲だけれど、耳に残る。
メンバーのど派手なルックスもあり、かなり話題になったものだ。

ジグ・ジグ・スパトニックのデビューは華々しかったんだよね。
記者会見の模様をテレビで見た記憶があるよ。
「デビューにあたって」なのか「シングル曲をリリース」だったのか、会見の主旨については覚えていない。
ただメンバーの誰かが、タバコのマルボロの煙を全く吐かずに吸っていたことが強く印象に残っている。 
イギリス人がマルボロを吸ってるということと、吸った煙の行方が気になったんだよね。(笑)
そして「何か新しいことが始まりそう!」と思ってワクワクしたっけ。

ジグ・ジグ・スパトニックは元ジェネーレーションXのトニー・ジェイムスが中心となって結成された。
ジェネレーションXといえば、ビリー・アイドルがヴォーカルだったパンク・バンド!
ポップな曲調とバラード曲が多いのが特徴だったバンドだった。
バンド解散後、ビリー・アイドルはソロとして、トニー・ジェイムスはジグ・ジグ・スパトニックとして活動を続けたってことだね。
一発屋だと思われているジグ・ジグ・スパトニックだけど、当時もう1曲流行った曲があるんだよ。

基本的なラインは変わらないんだけど。(笑)
「ブレードランナー」を意識しまくってるおかげで、カタカナの文字が踊ってるね。
この2曲ですっかりファンになってしまったSNAKEPIPE。
LPも12インチのレコードも購入し、聴き込んだものよ。(遠い目)

そして日本公演が発表され、すかさずSNAKEPIPEは長年来の友人Mとチケットをゲット!
会場がどこだったのか忘れてしまったけれど、1階の前から2列目だったか3列目という絶好のポジションだったんだよね!(笑)
聴くというよりは、メンバーを観たいと思っていたので、来日公演を楽しみにしていたのに…。
公演は中止になり、チケットは払い戻しになってしまった。
中止の理由について説明されたのかも覚えていないけれど、今調べてみると「観客の暴動に加え、メンバーが客席に瓶を投げたため、暴力的なバンドと見なされた」や「チケットの売れ行きが悪かった」などと書かれている。
実際の理由が何にせよ、公演が中止になり、SNAKEPIPEと友人Mは非常にガッカリしたよ。
どうやら2002年に来日しているようだけど、やっぱり80年代のキラキラした時代に観たかったよね!

喜び勇んでチケットを手にしたのにもかかわらず、来日が中止になった別の公演を思い出した。
それはRUN DMC
RUN DMCとは1980年代に一世を風靡したヒップ・ホップ・グループ。
1986年にリリースした「Walk This Way」が大ヒット!

ビデオにも登場しているエアロスミスの曲をサンプリングした、ロックとラップを融合させた曲なんだよね。
RUN DMCは音楽だけではなく、そのファッションも注目されていた。
スポーツウェアのadidasとゴールドのチェーンとカンゴールのハットを組み合わせたスタイルは、当時の日本でも大流行したっけ。
藤原ヒロシや高木完がヒップ・ホップ・グループ、TINY PUNXを結成したのもこの頃だったね。
最先端でオシャレな人はラップ系に傾倒していった。
当然のように若かりし頃のSNAKEPIPEも流行に乗っていたよ。(笑)
TINY PUNXの「建設的」も12インチ・シングルも持ってたなあ。
その当時のことを2008年4月に「ファッション雑誌なんかいらない!」という記事に書いているね。

実はRUN DMCは何度か来日公演を行っている。
ネットでの情報によれば、1986年のNHKホールが初来日みたいだね。
それ、行ったわ。(笑)
次に観に行ったのは、横浜の菊名の辺りだったように記憶しているけれど、わざわざ泊りがけにしたんだよね。
踊り過ぎてSNAKEPIPEが転倒する、なんてこともあったっけ。(笑)
SNAKEPIPEがノリノリになっていた曲は、確かこれ。

そして恐らく3回目の来日公演が中止になったような?
場所がどこだったのかまでは覚えていない。
そして中止の理由がなんだったのかも、はっきりしなかったような気がする。
今でもRUN DMCのCDは何枚か所持しているし、今聴いてもやっぱり好き!
ロック要素が強いし、ラップの声が良いんだよね。
ノリノリになり過ぎて、転ばないようにしないと。(笑)

RUN DMCは3人組のグループだけれど、2002年にスクラッチDJだったジャム・マスター・ジェイが射殺されるというショッキングな事件により、活動休止になったという。
そんなRUN DMC、つい数日前にテレビで観てびっくりしたよ。
2020年1月26日に行われたグラミー賞授賞式でのパフォーマンスとのこと。
エアロスミスと共演した、というニュースだったんだよね。
真ん中のスティーヴン・タイラーと左のDMCは、観てすぐに分かったけれど。
右の人は誰?(笑)
なんとRUNだったとは驚いちゃうね。
かなり体重が増して、全くの別人になっているもんね。
ちなみに上に載せた画像では、一番左がRUNだから、違いがよく分かると思うよ。
それにしても元気な姿を久しぶりに見て嬉しかったな!

今回の「ふたりのイエスタデイ」は、1986年にSNAKEPIPEが好きだった2つのグループを紹介してみたよ!
1986年って今から何年前よ?
34年前?
ひーーーー!(笑)

 

ファッション雑誌なんかいらない!

【SNAKEPIPEがスタイルのお手本にしてきたアーティスト達】

SNAKEPIPE WROTE:

世の中にはファッション雑誌が溢れているけれど、今まで一度もその手の雑誌を買ったことがない。
美容院で待たされる時間に渡されるそれらをパラパラめくった経験はあるけれど、全く意味のない記事の羅列、結局興味がない文章や写真が踊っているだけだ。
痩せる、モテるための情報やマストバイアイテムの記事。
実際にこの手の情報を頭から信じて実行している人がいるのだろうか?
友人関係には一人も見当たらない人種である。
では一体今までSNAKEPIPEが何を参考にしたりお手本にしてファッションを考えてきたか、というと音楽である。
その時々に聴いていた音楽からの影響を受けてファッションを決めていたのだ。
これはROCKHURRAHも同じだったようで。
では、ルーツを求めて過去にタイムスリップしてみよう。(笑)

きちんとした自己表現の意思を持ってファッションを決めたのは、やっぱりニューウェイブの頃だろうか。
それ以前にも上野の中田商店で軍モノを好む少女だったSNAKEPIPEの原型はすでに出来上がっていた、とも言えるけれど。(笑)
ニューウェイブの時代といえば世の中テクノカット、もしくは刈り上げが一般的。
服装も今から見ると笑ってしまうような逆三角形スタイルや、黒ファッション。
当時のイギリス系アーティストは帽子をかぶる人が多く、それを「あみだ」にするのが流行。
前髪は長めで目にかかるようにたらしていた。
当然のようにSNAKEPIPEもそれを模倣。(笑)
刈り上げに長めの前髪。
なんといっても憧れはイギリスだったので、コートに帽子、が基本だった。
ROCKHURRAHもアダム・アントヘアカット100みたいな服装だったらしい。(笑)

続いてパンク時代。
本来はパンクのほうがニューウェイブよりも時代が前だけれど、SNAKEPIPEのパンクへの目覚めがニューウェイブより後になっているので順番が逆になっている。
ロールアップしたジーンズに派手目のソックスを見せるように穿き、足元はラバーソール(ROBOT)が基本スタイルだった。
髪はうなじを刈り上げ頭頂部はツンツン立たせた。
結局ラバーソールや編み上げ靴(Dr.マーチン)という足元とツンツンヘア、破れたジーンズだけがパンク要素だ。(笑)
ROCKHURRAも靴にはかなりこだわりがあったそうで、ゲッタグリップやマーチン、ROBOTなど何足も所持していたとか。
今よりも金持ちだったらしい。(笑)

パンクの次はラップ!
どうして急にラップに目覚めたか、というとRUN DMCである。
RUN DMCの登場はショッキングで、音楽もファッションも急進的だったのだ。
全身をAdidasできめ、そこにゴールドの太いチェーンネックレス、そしてKANGOLのハット。
当時のお洒落人種の代表、藤原ヒロシや高木完なども真似た服装をしていたし、実際にラップグループ「TINY PUNKS」でユニットを組んだりしていた。
時代的な流れに乗り、SNAKEPIPEもAdidasにゴールドチェーン。(笑)
当時の写真を見るとちょっと恥ずかしいぞ!

お次はネオGS。
ファントムギフトに代表されるムーヴメントで、当時はある一部で盛り上がっていた。
これは60年代に流行ったGS(グループサウンズ)の現代版である。
ファントムギフトも初めはオックスのような王子様ファッションに身を包み、タンバリンを手にしていた。(だんだんワイルドに変化していったけど)
観客もやはり当時のファンと同じような古着。
サイケデリックな柄の化繊のワンピースやブラウス、ベルボトムにロンドンブーツなど古臭い服装だった。
SNAKEPIPEもそんな服装だったな。
「60年代からワープしてきたの?!」
なんてよく言われたものだ。(笑)

続いてレゲエ。
まず、基本は全身日焼け。(笑)
冬でも日焼けサロンに通って色黒をキープしていたほどだ。
服着てたら見えないのにねっ!
服装はALBA LOSAやme janeなどのリゾート系ファッション。
ヤシの木柄には目がなかった。(笑)
夏になるとワクワクし、冬にはげんなりしていた時期。
今とは逆だったのね!

続いてテクノ、ラウンジへとマイブームは移っていくのであるが、この頃は特別音楽からの影響は受けていない。
特にテクノ系のイベントに出かけるようなこともなかったので、テクノ好きの人がどんな服装なのかもよく知らない。(笑)
そして数年前から再びパンクに戻ってきたところである。

ROCKHURRAHはここまで異なるジャンルに音楽の趣味がまたがることがなかったようで、パンク、ニューウェイブ、ネオロカ、サイコビリー、スカなどに影響を受けたファッションだったとか。
ニューウェイブ時代にはいろいろな服装に浮気していたみたいだけど、見せてもらったのはペイル・ファウンテンズ気取りとシスターズ・オブ・マーシー気取りの写真。(笑)
ネオロカ時代はヴィンテージ古着にこだわり、かなり本格的な服装だったらしい。
サイコビリー時代に、住んでいた上の部屋がうるさかったのでわざわざ迷彩つなぎを着用、サイコ刈りという「こわもて」の格好で怒鳴り込みに行った経験を持つ。
ROCKHURRAHは家の中でもサングラスなので、かなり怖かったのでは?
そして当然のようにうるさかった上の部屋はそれ以来静かになったらしい。(笑)

服装の歴史について書いていたけれど、これってもしかしたら「恥ずかしい過去」のコーナーみたい?(笑)
今はもう音楽雑誌を読んだり見たりしていないし、お手本にしたいと思うアーティストもいない。
オリジナルで洋服作るのが一番だな、と思ったからね!
BINARY ARMYそろそろ活動再開しないと!(笑)