収集狂時代 第13巻 ウォッチ編

【007のスパイ用腕時計を紹介するビデオ】

SNAKEPIPE WROTE:

人は国や地域、貧富の差や容姿の違いをもって、生まれてくる。
大金持ちで美貌と才能に恵まれる人も多いことだろう。
そんなキラキラ輝く人生を満喫する人も、理不尽で不平等な出自を恨み、この世に生を受けたことを呪っている人にも、平等なことがある。
それは時間だ。
地球上での1日は24時間であり、長短は違えど命あるものはいつか滅びる運命なのだから。

などと普段のSNAKEPIPEとは違う口調になってしまったね。
大真面目に書いてるつもりでも、やっぱり陳腐かな。(笑)
本日のテーマは時計、と思ったら、急に別人格に乗っ取られてしまったよ。
最近は時間を確認するのは、専らスマートフォン。
仕事中はパソコンで時間を知ることが多く、全く腕時計をしていない。
昔は必ず腕にはめていたのにね?

ROCKHURRAHは子供の頃、トミーの「ウォッチマン」というゲームができる腕時計を所持していたそうだ。
「ウォッチマン」には、釣り、プロレス、ボーリングなど、いくつか種類があったみたい。
ROCKHURRAHはゴルフ・ゲームの「ウォッチマン」で遊んでいたという。
こう聞くとROCKHURRAHのゴルフ歴は長いんだね。(笑)
ゲームとは言っても、非常に簡単な作りだと思うけど、この当時、腕時計型で持ち運べるのは画期的だっただろうね!
ギミックが好きと話すROCKHURRAHは、カシオの「データバンク」も持っていたんだって。
電話帳機能を搭載した腕時計が発売されたのは、検索したら1984年と出てきたよ。
今みても「データバンク」のデザインは面白いと思うけど、80年代にはもっと斬新に映り、当時流行していたカタカナ職業の方々はこぞって購入したんじゃないかな?
現在でも「データバンク」は販売されているというので、調べてみるとAmazonでも購入可能なんだね!
逆輸入品で約4000円とのこと。
SNAKEPIPEも違うカシオのデジタル時計を持っているけれど、「データバンク」も欲しくなってしまったよ。

見やすいのはデジタル時計だけれど、SNAKEPIPEがかつて所持していたのは巨大な正方形の手巻き式腕時計だった。
これは80年代、表参道にあった「ゼクトアー」で購入したもの。
大きさは6cm☓6cmで厚みが2cmほどだったろうか。
文字板にはフランス国旗がデザインされていた。
SNAKEPIPEの手首よりも大きくて、時計としての機能よりもブレスレット感覚で着けていたことを思い出す。
ああ、なつかしきゴールデン80’s!(涙)
どのタイミングで手放したのか覚えていないけど、今でも鮮明に記憶に残っているよ。

まるで「ふたりのイエスタデイ」の特集のようになってしまった。
今回は「収集狂時代」にしようと思ってるんだよね。(笑)
驚きの逸品を紹介していこうか。

ROCKHURRAHが所持していた「データバンク」にちょっと似たタイプを発見。
シンセサイザーの世界的なメーカーであるKORGの「KRONOS WRIST WATCH」という。
「データバンク」で数字が配置されていた場所に鍵盤があるね。
これがどんな機能を果たしていたのか、調べてみたけどよく分からなかったよ。
ちゃんと音が鳴ったら面白いよね。(笑)
販売時期や値段その他も分からず、 ただデザインの面白さだけの紹介になってしまった。
所持している方がいらっしゃったら、詳細を教えてください!

続いても音楽関係ね。
今では全く見かけなくなってしまった、カセットテープをデザインに使用している「EOS Mixtape Watch」だよ!
どうやらテープの部分が循環するらしいんだけど、左に巻き戻った状態のまま回転するだけなのかよく分からなかったよ。
画像で見る限り、右のディスクに針があるので、ディスクはこのまま回るんじゃないかな?
実際に時間を見るのは大変そうだよね。
こちらの商品は$135、日本円で13,500円くらい。
レトロ趣味にはたまらない逸品だよね!

これも一種のデジタル時計か。
Biegert & Funkの「QLOCKTWO」は、文字盤に110の文字があり、ボタンの操作により浮かび上がる文字が変化するという。
画像に出ているのは「7時半を過ぎました」という文章だけど、 これは正確な時を知らせているのかどうかは不明だよ。
「時間を説明する言葉が予期しない場所に表示され、あなたにその瞬間を知らせます」
「お昼ぐらい」とか「 明け方」のような曖昧な表現に近いのか。(笑)
ちなみにお値段は$850、日本円で約91,500円。
この時計を持てば、時間に追われず心にゆとりが持てるかも?(笑)

好戦的になりそうなのがこの時計かな。
「F-15」ってはっきり書いてあるよね。
これはアメリカ空軍の戦闘機「F-15イーグル」をデザインしている腕時計だね。
画像がこれだけしかないので、戦闘機部分の下がどうなっているのか不明だよ。
戦闘機が蓋で、横にズラす、もしくはパカっと開けて時計が現れるのではないか、と想像する。
時計は文字盤の時計かデジタルか、どっちが似合うのかなあ。
ネックレスタイプの時計で「F-18ホーネット」バージョンでは、パカっと蓋が開いて下には丸い文字盤が見えていたよ。
腕時計も同じタイプかもしれないね。
気になるお値段は$48、日本円で約5,200円!
ミリタリー好きは揃えておきたいアイテムだね。(笑)

これも時計なの?
Devonはアメリカのメーカーで、この時計は「The Tread 1」というらしい。
中身が見える作りで、4本のベルトを確認することができる。
このベルトが時間を表しているようで、ケース内で回転していて、アメリカで唯一の独自のムーブメントとのこと。
時計の構造について詳しくないけれど、独自の技術を使用するということは、発明したってことだろうからね。
ビジュアル的にもオシャレだし、興味深いよね。
お値段は$18,450、日本円で約198万円!
ベルトがどんな動きをするのか、ずっと見ていたくなる時計だよね。

これもまた不思議なデザインの時計だね。
スイスのメーカーURWERKが販売している「The UR-1001」だよ!
なんでしょうか、この重量感は。(笑)
上にカレンダー、下が時計になっていることは分かるけど、一体どうやって装着するの?
時計の説明をしている動画があったので、載せてみようか。

こんなに巨大だったとは! 
ビデオに登場している男性の腕でも、時計とのバランスが取れてないくらい。
この時計が似合うのは、マッド・マックスとかターミネーターみたいな近未来系肉体派かな?
気になるお値段は$400,000、日本円で約4,300万円!
使う(使える)人も選ぶけど、購入できる人も選ぶ時計ですな。
お金持ちで肉体派のあなたにお勧めね!(笑) 

MB&Fというメーカーは、非常にユニークなデザインを採用していて、見ているだけで楽しくなってしまう時計がたくさんあるんだよ。
どうしても1つだけに絞れなかったので、一挙に3つ紹介してみよう。
まずは「HM3 frog」だよ。
見た目がカエルに似てるから、この名前がついたんだろうね。
左目にあたる部分が時間(hour)で右が分(min)を表示しているね。
お値段は$92,000、日本円で990万円だよ!
このデザインが突然袖口から覗き見えたら、ギクッとしそうだよ。
何か腕に生物が寄生しているみたいだもんね。(笑)

同じくMB&Fから「HM4 Thunderbolt」のご紹介。
サンダーボルトとは雷って意味だよね?
まるで飛行機のエンジン部分を腕にはめているような感覚で、このまま空を飛べそうじゃない?(笑)
ツインポッドの右側が時間で、左はパワーメーターみたい。
さて気になるお値段は?
$134,239って随分半端な金額だけど、日本円で約1,445万円!
それでも飛行機好きやパイロットに憧れている人にとっては、垂涎の的だろうね!
まさにコレクターズ・アイテムといえる逸品だよ。

MB&Fは本当に面白いデザインが豊富だよね。
蜘蛛を形どった「Arachnophobia Black Model」だよ!
SNAKEPIPEはこの時計に一目惚れ。(笑)
六本木ヒルズに鎮座まします「ママン」みたいだよね。
どうやらこれは腕時計じゃなくて、壁に這わせるタイプみたい。
オブジェとして使用できるってことだね!
お値段は$12,742って、またもや半端なんだけど、日本円で約1,370万円!
実用的なアート作品と考えたら、そこまでの金額じゃないかも?
SNAKEPIPE MUSUEUMでの購入を検討してみようか。(うそ)

このデザインもかなりインパクトあるよね。
スイスのメーカー、Cabestanが製造販売している「Winch Tourbillon Vertical Watch」というらしい。
時計のサイドにあるレバーとウインチを手動で操作することで、ロープやチェーンをドラムに巻きつけ動力にしているとのこと。
そんなにシンプルな作りに見えないんだけど、自分で動かすというのも魅力につながるよね。 
どうやら宝石もあしらわれているようなので、きっと高額なんでしょう。
$275,000、日本円で約2,960万円!
ひゃー、マンションが購入できる金額になってきたよ。
本当にカッコ良いデザインなので、思い切って購入するか!(笑)

最後はこちら!
スイスの高級時計ブランドRichard Milleの「RM50-02」だよ!
厚みのある、ずっしりした重量感。
そして文字盤の下に見える複雑なぜんまい仕掛けの数々。
このデザインを見るだけでも興奮気味のSNAKEPIPE。(笑)
インダストリアル好きにはたまらないね。
30本限定で販売されたという、こちらのお値段$1,000,000、日本円でなんと1億770万円!
ついに億超えの時計になっちゃったよ。
この時計を手に入れた30人って一体誰なんだろうね?(笑)

今回は「収集狂時代」で時計を特集してみたよ。
世界には様々な逸品があることを再認識したね。
時計はまだ他にも素敵なデザインがあるので、またいつか紹介してみよう! 

収集狂時代 第12巻 David Lynch フィギュア編

20190512 top
【特殊メイクアーティストCarl Lyonが手がけたリンチの像!】

SNAKEPIPE WROTE: 

先週に引き続きデヴィッド・リンチのネタをお届けしよう!
リンチが監督した映画やドラマから、どんなフィギュアが制作されているか調べてみたよ。
映画からのフィギュアといえば、例えば「スター・ウォーズ」 の中から選ばれた王道のキャラクターを思い浮かべるよね。
ダース・ベイダーとかチューバッカとかね。
リンチの場合は、ある一部に熱狂的なファンを持つ通好みの作品がほとんど。
そんなマニアックな映画なのに、フィギュアが作られているのか興味があったんだよね。 (笑)
検索したら、意外なことにあったんだよ!
リンチのファンだったら欲しくなる逸品を紹介していこう。

まずはリンチの処女作「イレイザーヘッド(原題:Eraserhead 1977年)」から。 
「イレイザーヘッド」の主人公であるヘンリーのフィギュアね。
演じていたのはジャック・ナンス。
ヘンリーの場合は、逆立った髪の毛だけが特徴なので、そこにさえ気を配れば「なんとなくヘンリー」っぽいフィギュアが完成しそうだよね。(笑)
画像では商品化されたフィギュアの詳細までは分からないけど、そこまでジャック・ナンスには似てないように見える。
黒いスーツに白いシャツという、これまたありふれた服装だったために「らしさ」からは遠のいてしまったかもしれないね?
それでもファンは、ヘンリー人形を手に入れたい思いを強くするはずだよ!
だってSNAKEPIPEも並べておきたいって思っちゃうからね。

孤独なヘンリーが、一人で寒い部屋の中で膝を抱えている。
視線の先にあるのはラジエーター。
これは日本ではあまり馴染みがないけれど、アメリカやドイツでは一般的な暖房器具になるみたいだね。
そのラジエーターの中でショーが繰り広げられるのである。
「In Heaven Everything is fine」(天国では全てオッケー)
ごつごつと異常に大きく膨らんだ頬を持つ、まるでマリリン・モンローが着ていたようなドレスを着た少女が歌うのである。
その様子をじっと見つめるヘンリー。
そしてヘンリーは、ラジエーターの中で少女との共演を果たすのである。
まさかこの少女(Lady in the Radiator)のフィギュアまであるとはね!
マニアにはたまらない逸品だよ。

そしてもちろん「イレイザーヘッド」での主役(?)である赤ん坊のフィギュアもあるんだよね。
大きさ約10cmだって。
上に紹介したフィギュア2つとも同じメーカーが出しているのかなあ。
パッケージが近いように見えるけど、ところどころに違いがあるんだよね。
まさかと思うけど、3社のメーカーそれぞれが独自に商品化してるのかな?
この3点セットと、「あの柄」のジュータン(ファンなら分かるはず)、小さいラジエーターがあったら完璧じゃない?
これで「イレイザーヘッド」の世界を我が家でも再現できることになるね。
ちなみにこの赤ん坊は$249.99、日本円で約27,000円くらい。
ちょっとお高く感じるけど、ファンならやっぱり欲しいよね。

別の赤ん坊アイテムも発見したよ。
なんとキーホルダー!(笑)
オーストラリアのMillyという女性がハンドメイドで制作しているようで。
ちゃんと販売されてるんだよね。
大きさ約8.5cmのベイビーは、一体¥3,360だって。
日本までの送料が入ると¥5,000くらいかな。
こんなキーホルダー持ってる人を見かけたら、興奮のあまり、ぎゃーっと叫んで握手しちゃうかも?(笑)
このMillyさん、他にもリンチネタからのグッズを制作していて、見ているだけでも楽しくなっちゃうよ。
グッズにするキャラクターの着眼点が面白いんだよね。

続いては「ブルー・ベルベット(原題:Blue Velvet 1986年)」から、フランク・ブースのフィギュアね!
演じていたのはデニス・ホッパーで、画像左に小さく顔が載っているよ。
フランクは何かしらのガス状のものを鼻から吸い込んで興奮状態に陥いるんだけど、その透明マスクまで再現されているんだよね。
左手にピストル持ってるバージョン(左)と、青いベルベット切れ端を持ってる右の画像と小物まで用意されているところが秀逸!
残念なのは、顔が似てないことかな。(笑)

同じシリーズで「オカマのベン」まであるんだよね。 
ベンを演じていたのはディーン・ストックウェル。
いつも「薄目」というか「半眼」にしていて、ロイ・オービソンの「In Dreams」を口パクで歌う。 
そのシーンを再現しているフィギュアと、先程登場したフランクとの2ショット!
あらま、今回のフランクは左手にビール持ってるよ。(笑)
小物に凝るところに演出力の高さが光るよね!

次はフランクとベンとドロシーの3人セットね!
なんとこれは落花生で作られてるんだって。
落花生アーティストSteve Casinoの作品で、直径14cmx高さ15cmの大きさだという。
3人のディテールはもちろん素晴らしいんだけど、SNAKEPIPEが注目したのはバックにある耳!
病院からの帰り道、何気なくジェフリーが拾った人間の耳までも再現しているところに拍手を送りたい。(笑)
なんとこのフィギュア、販売されていてお値段が575€、日本円で約71,000円とのこと。
元が落花生と聞くとお高い感じがしちゃうけど、このクオリティの高さなら納得かな?

最後は「ツイン・ピークス(原題:Twin Peaks 1990年〜)」から。
今まで数えきれないほどの回数を鑑賞した「ツイン・ピークス パイロット版」。
25年後の世界で突然現れる「Another Place」から来た赤い服の男。
赤い服の男が音楽に合わせてダンスを踊っている傍らで、クーパー捜査官に耳打ちするローラ・パーマー。
全く意味不明のまま終了してしまうパイロット版で、最も印象的なシーンなんだよね。
そのシーンを再現しているフィギュアが存在していたとは!
90年代に制作されたレア物とのことだけど、販売されている(いた?)ようだね。
お値段まではわからなかったけど、体全体のバランスや踊っているシーンを切り取ったポーズ、床のデザインまで含めて素晴らしい出来だよ。
後ろ姿の画像も載せてみよう。
あのダンスの様子がよく分かるよね。
これはかなりのお宝グッズ!
今からでもオークションに参加したいくらい。(笑)

小さい人を紹介したので、今度は大きい人にしてみようか。
いつもウエイターのような服装をしていて、クーパー捜査官の味方になっているように見える巨人のフィギュアも見つけたんだよね。 
2017年版のシーズン3「The Return(後に改題されてリミテッド・イベント・シリーズ)」にも登場していたね。
巨人の服装や床のデザインは問題ないんだけど、この巨人の顔は似てないよ。(笑)
結構特徴がある顔だと思ったけど難しかったのかな。
これもまたファンとしてはコレクションに加えたい逸品なんだよね。

最後はこちら!
「丸太おばさん」こと「Log Lady」が大事に抱えていたのが丸太だよね。
この「丸太」のフィギュアを見つけたよ。
えっ、丸太だけ?(笑)
この丸太、パッケージに「TWIN PEAKS」と書いてあり、「丸太おばさん」の顔写真が載っているから分かるけど…。
もし「丸太」だけになったとしたら、ただのカルパスにしか見えないよ!(笑) 
「丸太おばさん」のフィギュアと組み合わせるためのグッズなのかもしれないけど、その場合は「丸太なし」の「おばさん」フィギュアが販売されてることになるんだよね? 
わざわざ別売りにしなくても良いのに、と思うのはSNAKEPIPEだけかな?
「丸太」フィギュア、見た瞬間に大笑いさせてもらったので、良しとするかな。

今回はリンチに関係するフィギュア特集にしてみたよ!
探している時から楽しくて、コレクションしたくなる逸品揃いで大満足だったね。
恐らくこの記事を一番喜んでいるのはSNAKEPIPE本人なんだろうな。(笑)

収集狂時代 第11巻 高額人形編

20181216 top
【SNAKEPIPEだったらハンス・ベルメールの人形が欲しいな!】

今年も早いもので、来週はクリスマスだよ!
プレゼント選びって難しいよね?
毎年悩む事柄なのに、今年はROCKHURRAHと欲しい物を交換し合えて一安心。(笑) 

子供の頃は本当にサンタクロースがいると信じていて、真剣に欲しい物が手に入るよう祈ったものだ。
SNAKEPIPEの願いが叶ったことは一度もなかったなあ。
その時に欲しかった物なので、今となっては思い出せないけどね。(笑)
リカちゃん人形も欲しかったアイテムのひとつだったかもしれない。
女の子は「おままごと」遊びが好きだし、皆が持っている人形だったせいかもしれない。

今から2週前、2018年11月の記事「SNAKEPIPE SHOWROOM 物件15」では、バービー人形コレクターの方を紹介したよね。
昔は子供専用のアイテムだった人形やフィギュアは、いつの間にかコレクターズ・アイテムになっている。
大人が夢中になって収集していても、ちっとも変な目で見られない時代になっているんだよね。
大人の幼児化(未成熟化)がより一層未婚率や少子化にも影響を与えているのではないか、と思うSNAKEPIPE。
自分のことは棚に上げて、あんまり人のことは言えないけど!(笑)

今回はコレクターズ・アイテムである人形の、高額ランキングを発表しようかな。
人形といってもあなどれないんだよね、これが!(笑)

G.I.ジョーは、米国ハズブロ社が1964年から販売しているアクション・フィギュアで、名前の由来は1945年の映画「G・I・ジョウ (原題:The Story of G.I. Joe)」だという。
そんなG.I.ジョーのフィギュアの中での高額品がプロトタイプのこちら。
販売前の試作品なので、制作年は1963年。
着ているジャケットはM43がモデルなのか?
などとつい、ミリタリー・ジャケットとなると調べてしまうね。(笑)
G.I.ジョーのファースト・モデルは2003年に$200,000で落札されたという。
現在のレートで換算すると、日本円で約2260万円!
最初から2千万超えだよ。
これから先がどうなるのかドキドキするね。(笑)

前述したバービー人形狂のバービー・マンでもこのタイプは持っていないんじゃないかな?
ジュエリー・デザイナーであるStefano Canturiによってゴージャスに着飾っているバービーなんだよね。
ネックレスとして使用されているオーストラリア・ピンク・ダイヤモンド、合計なんと3カラット!
その付加価値のためバービー人形のお値段はなんと$302,000、日本円で約3620万円!
中古マンションくらいなら軽く購入できてしまう金額だよね。
そんな高額バービーちゃん、値段を聞いてから画像に目をやると、気高さを感じてしまうよ。
「高飛車じゃなくて、本当に高いのよ私!」
とでも言いたげなリッチでゴージャスな雰囲気を醸し出してるよね。
バービー界のセレブレティだわ、ほんと。(笑) 

このクマちゃんはどこかで見たような?
2016年10月の記事「収集狂時代 第6巻 Louis Vuitton編」に登場してるんだね。
またもや「収集狂時代」でお目にかかることになるとは思っていなかったよ。
高額アイテムだから仕方ないかな。
ドイツの最高級ぬいぐるみブランド「シュタイフ」の手によるテディベアは、リアルファーで装いダイアモンドとサファイアでできた目を輝かせているんだよね。
金額$2.1 million、日本円にして約2億3800万円也!
以前も驚いたけど、改めて確認すると億超えのぬいぐるみって想像つかないよ。
現在は韓国の済州にあるテディベア・ミュージアムに展示されているらしい。
いくら大金持ちだとしても、ここまでの高額品を「おままごと」用に買い与えることはないよね。(笑)

続いて第2位はこちら!
子犬を連れた少女なんだけど、なんでこの人形が高額なんだろうね?
SNAKEPIPEは犬が大好きなんだけど、この犬にはちっともかわいらしさを感じないよ。
アレキサンダー・エロイーズ夫人という人形デザイナーが5体のみ制作したという、特別バージョンのようだね。
スワロフスキーのクリスタル、キャサリン・バウマンのアクセサリー、オスカー・デ・ラ・レンタの毛皮、クリスチャン・ディオールの服を着用させたというから、幼女なのに豪華絢爛だよね。
画像だとどこにあるのか分からないけど、9カラットのダイヤも着用しているらしいよ。
お値段なんと$5 million、日本円で約5億6700万円!
えー!なんでーーー!
「非常に裕福な人だけがこの人形に興味を示すでしょう」
と書かれていたので、リッチな人はこの人形を欲しいと思うのかもしれないね?(笑)

堂々の第1位はこれ!
L’Oiseleur(読めん)という名前を持った約1.2mのオートマタなんだよね。
フランス語で「鳥の訓練士」という意味なんだって。
ちなみにオートマタとは、機械仕掛けで何かしらの動きをする西洋からくり人形のこと。
この人形ではないけれど、2013年に行った伊豆旅行の際、野坂オートマタ美術館で様々な人形を鑑賞して驚嘆したことを思い出す。
20世紀初頭にあんなに精巧なからくり人形が作成されていたなんてね!
世界で一番お値段が高い人形は、Christian Bailly というオートマタのエキスパートが15,000時間を要して制作した、という触れ込みだよ。
15,000時間というのは計算すると約1年7ヶ月のことね。(笑)

通常のオートマタがどれくらいの制作期間をもって完成するのかを知らないけれど、エキスパートが2年弱をかけたのには、どんな仕掛けがあるんだろう?
2,340ものパーツによって組み合わされたL’Oiseleurは、スプリング駆動の歯車によって動きを与えられるという。
人形は右手にフルート、左手と肩には鳥を乗せてるんだよね。

ゴールデン・キーを叩くとジョルジュ・ビゼーの曲「Marche des Rois」をフルートで演奏するらしい。
それに合わせて鳥が羽ばたいたり、くちばしを開閉したり頭を回したりする仕掛けがあるみたいだね。
動いているところを鑑賞したかったけれど、YouTubeに動画を発見することはできなかったよ。

さてさて気になるお値段は?
$6.25 million、日本円で約7億1000万円!!!!
な、ななおくえんーーー!
うひゃー、ついにここまできたかっ!(笑)
これは是非とも野坂オートマタ美術館に買い取って頂いて、動いているところを実際に目にしたいものだね。

今回の人形ランキング、正直なところ画像で見ただけでは何故高額なのか、分かりづらかったように思う。
ダイヤモンドなどを着用したために高額なったというと、人形そのものが評価されたわけではないことになるしね?
たかが人形、されど人形!(笑)
愛玩用や鑑賞用である人形に、ここまで熱い情熱を持つ人がいるということに驚くと同時に、共感する。
これはもちろん人形を対象とした話だけではなく、アート全般に言えることだと思う。
ROCKHURRAH RECORDSももっと頑張らないとね!(笑)

収集狂時代 第10巻 Gucci編

20180610 top
【かなりブラックな印象の広告写真だよね】

SNAKEPIPE WROTE: 

3月の終わりに「マイク・ケリー展」を鑑賞して以来、とんと展覧会鑑賞にご無沙汰のROCKHURRAH RECOREDS。
これは!と思う情報に巡り合っていないんだよね。
休日は専ら引きこもることが多くなっている。
元々引きこもりが好きな2人なので、全く苦痛はないんだけど!(笑)
必然的にブログのネタはインターネット検索に頼ることになってしまう。
何かないかなあ、と検索すること2年。(うそ)
ついにSNAKEPIPEはブランド商品の紹介にたどり着く。
これは以前「収集狂時代」でLouis VittonChanelを特集したタイプの第3弾だね!
今回はGucciにしてみようか。

大きく「GUCCI」とロゴが書かれているトートバッグ。
ラバー素材だというから驚いちゃうね!
SNAKEPIPEは、子供の頃熱を出した時に氷入れてもらった枕を思い出してしまった。
最近の子供はそんなの使ってないかな?
このラバー・トートは赤、黄色、ピンクと黒の4色展開されているんだよね。
赤と黄色はかなりビビッドカラーで面白い使い方ができそうだよ。
ゴム製のバッグとは言っても、さすがはハイ・ブランド。
当然のようにお値段は$980、日本円で約10万7千円ね!
かなり大きさがあるようなので、 ショッピングバッグとして使っても良いかも。
多少食品から水が漏れても問題なしだね。(笑)

続いてもバッグ。
この編み方はまるで畳のようじゃない? 
そしてどこにも「Gucci」の文字が見当たらないんだよね。
それじゃまるで東南アジアのお土産屋で買ったみたいに見えないかしら。
ヒッピー文化を取り入れたデザインにしているというけれど、「買い物に行くお母さん」かアジアしか連想できないなあ。(笑)
お値段気になるよね?
$1,154、日本円でなんと12万6千円也!
これはちょっとショッキングな金額だよ。
どうしてもグッチじゃなければいけない理由が見つからないSNAKEPIPE。
それでもグッチャーは買うんだろうな。(笑)

これはどうだ!
エルトン・ジョンがプリントされたトートバッグだよ!(笑)
上のバッグの時に書いたように、どうやらヒッピー文化や70年代がテーマになっているコレクションの商品のようだけど、、、。
これはいかがなものか、と思うよ。
ユニクロがコラボTシャツ作ってるのと同じなのかな、と思ってしまう。
それにしてもエルトン・ジョン、最近になってホットだよね。
「キングスマン2」にも出演していて、良い味出してたし。(笑)
グッチに取り上げてもらったりして、ね?
さてエルトン・バッグのお値段は(高い店で)$5,611、日本円で約61万4千円!
ひゃー、これはちょっとぼったくりじゃないの?と言いたくなるよね。
ちなみに同じエルトン・ジョンがプリントされたTシャツもあるよ!
これは5万5千円。
買うなら揃えないとね!(笑)

昆虫バッグもインパクトあるよね。
大きな蛾は立体的に付いていて、下の3匹の昆虫はプリントになっているのかな。
持ち手がグッチお得意のバンブーだし、赤と緑のラインが入っているのでロゴがなくても「グッチだね!」と一目で分かるよ。
SNAKEPIPEは全くと言って良いほど、この手のブランドとは縁がないけれど、これくらいの知識はあるよ。(笑)
ビビッドな黄色が印象的な昆虫バッグは$5,776、日本円で約63万2千円!
このバッグだったら納得の金額だよね。
何故、エルトン・ジョンのバッグと金額変わらないのかなあ?

この毛むくじゃらの2匹は一体何?
ベロ出して笑ってるように見えるワンちゃん?
もしくはスター・ウォーズに登場するチューバッカ用のコスチューム?
これはスリッパで、真上から見たところなんだよね。
「Princetown Horsebit Slipper」と名付けれているらしい。
ヤギの毛皮を使用してグッチの目印とも言える金具が装飾品になっている。
素足で履いたら、毛が甲にサワサワしてくすぐったいかも。(笑)
気になるお値段は$1,800、日本円で約20万円!
家の中でしか着用することがない商品なので、これを購入できるのは本当のお金持ちだろうね。
履き心地を聞いてみたいよ!(笑)

最後はこちら! 
光沢のあるレザーを使用したショートブーツなんだけど、、、。
ソックスとサンダルを合わせたデザインと説明されても、SNAKEPIPEには足首からチョンパされた人形の足にしか見えないよ!(笑)
もしくは江戸川乱歩っぽく、本物の人間の足ね。
グッチというブランドも、SNAKEPIPEが考えていた「堅いブランド」というイメージとは少し違うのかもしれないね。
足首サンダルのお値段は$1,200、日本円で約13万円だよ!
スカート穿いて、素足にこの足首サンダル履いたらどうなるんだろう?
肌の色との違いがはっきりしていれば、まだおしゃれに見えるのかな。
ここまでやるなら指とか爪も描いてくれたら良かったのにね?(笑) 

2016年からアレッサンドロ・ミケーレというデザイナーに変わって、グッチのカラーが劇的に変化したらしい。
過剰な毒々しさを持つデザインを多く発表し、話題をさらっているというのは知っていた。
モデルに自分の首を持って歩かせるファッション・ショーなんて、前代未聞だよね。(笑)
人とは違うことを求めることが好きなセレブには大ウケなのかも?
驚かせるという意味では、現代アートといえるのかもしれないな。 

老舗ブランドが驚くような商品を作っている、という企画は調べていて楽しかったよ!
次回もお楽しみに!